祝・20th Anniversary!

祝・20th Anniversary!

成人式の由来と目的

日本には成人を祝う慣習が昔からあり、男子は元服で女子は裳着という行事でした。現在のような成人式は、1946年に敗戦して停滞ムードに陥っていた次世代を担う若者たちに元気を取り戻させるために埼玉県で始まりました。全国的に広まると1948年には毎年1月15日に行うことが決まりました。それから2000年にはハッピーマンデー法に基づいて1月の第2月曜日に行うようになります。成人式の目的は、本人が祝ってもらうのではなく、大人になったことを自覚して自分の力で生き抜こうと覚悟を決める様子を周囲が励ますことです。成人式に決まった服装はありませんが、地方自治体で行われる時は男性はスーツや羽織袴、女性は着物やスーツが一般的です。女性は振袖を着ることが多いので、費用が高くなります。振袖は江戸時代前期に誕生し、踊りを披露する時により美しく見せようとして、和装を長くしたのがきっかけです。成人式は一度しかないので、多少お金がかかっても娘に良いものを着せたいと考える親もいます。振袖は長い袖を揺らすことで、男性からのアプローチを断るだけでなく、厄を払うことができます。よって式で着ることは人生のスタートの幸先が良くなるようにとの願いも込められています。

成人式の振り袖選び

成人式は振り袖を着たいと思っている女性も多いのではないでしょうか。振袖は、購入する方法とレンタルする方法とがあります。購入するとなると高額な予算が必要になるため、両親に負担をかけてしまいます。さらに、振り袖は未婚女性が着る着物でもあるので、成人式の後には友達や親戚の結婚披露宴に参列する時程度しか着用しないものであり、もしかしたらすぐにいい出会いがあって結婚をすることになったために成人式の一回しか着用しなかったということにもなる可能性があります。
振り袖のレンタルは、豊富な種類と初めての着物の人でも便利なセットになっています。長襦袢や足袋などの肌着類や草履、バッグなどの小物までセットなので、自分で用意するものと言えば人によって使用することがある体型補正のためのタオル程度です。着用後にはそのまま返却をすればいいのでクリーニングを出す手間もありません。
振り袖レンタルを利用する際には、貸衣装店や呉服店などの店舗を訪問する以外にも、近年ではネットでの申し込みも行われています。商品を購入するようにカートに入れるだけで、自宅や美容院など指定した場所に送ってもらうことができます。成人式の日は被ってしまうので、人気のデザインはすぐに借りられてしまいます。早めに予約をしてお気に入りの振り袖姿を楽しみましょう。

注目サイト

私たち法律の専門家と一緒に、問題の解決の糸口を見つけましょう。

名古屋駅 弁護士

写真を撮って簡単WEB査定も可能です。

宝石 買取 神戸

整理のプロにお任せください。

遺品整理 神戸

Last update:2017/10/20